本当は低すぎる?40代女性の平均年収っていくら?

本当は低すぎる?40代女性の平均年収っていくら?

5864
ご自分の年収が高いのか低いのか、気になったことがありませんか?実力も経験も兼ね備えてくる40代の女性の年収の平均は一体いくらなのでしょうか?東京の正社員でも営業や事務仕事などで差があるのでしょうか?自分の年収が中央値からどれくらい違うのか知りたい方も多いと思うので調べてみました!
スポンサーリンク

40代女性の平均年収は?

これまで、ご自分の年収に関して気にしたことはありましたか?多くの方がそのことが気になってこのページを訪れているのだと思います。

先に結果だけお伝えすると「40代の女性の平均年収」は以下のようになっています。

423万円

ご自身の年収と比べていかがでしたでしょうか?この金額は総支給になりますので、手取りだともっと下がることになります。

さて、この記事はここで終わりにしてもいいのですが、もうちょっと書きたいことがあるのでちょっとだけお付き合いくださると幸いです。

興味のない方はどうぞ閉じていただくかブラウザバックで引き続きネットサーフィンをお楽しみください。

男性と女性の給料の差は?

先ほどの結果ではわかりませんでしたが、「40代女性」の平均年収なので「40代」の平均年収ではありません。

そう、「男性」の平均年収が入っていませんね。

では、「40代の男性の平均年収」はいくらなのでしょうか?

それは以下の金額になります。

587万円

女性とのあまりにも大きい金額の開きがわかりますね。何故、男性と女性でこうも給与体系に差があるのかご存知でしょうか?

分かりやすい言葉で伝えると、それはやはり「日本社会の男尊女卑」が未だに残っていることが問題だと言えます。

日本の社会と言うのは昔の体制から大きく変化することを嫌います。

突然の変化や、急な改革は、それに伴う利益よりも、付随するリスクを気にしてしまい、自身で責任を取りたくない一心から頑なに現状を変えようとしません。

このことから、「自分の給料が男性より低いのは社会的なせいだ、しょうがない」と思ってしまう方が多いと思いますが、では何故、自分の不満を告げようとしないのでしょうか?

実はこれに関しては海外のある実験によって「自信がないから」という結論が出ています。

男性と女性の仕事の内容を比較した場合、体力的な差などを除いて、その結果に実はあまり差がないことがこの実験からわかっています。

この実験で男性と女性にそれぞれ「自分の給料に対しての感想」「何故それを告げないのか?」と聞いたところ、「給料に対しての感想」は男性も女性も不満を持っている場合が多かったようです。

ですがそれに対してのリアクションについての質問に対しては男性だと直接、給与に対しての不満を告げたり、転職を考えたりなど、前向きに取り組んでいる方が多かったようです。

ですが、女性の場合になると「自分の仕事内容に対しての自信がない」という意見が多かったという意外な結果が出ました。

このことからもわかるように、日本の社会制度自体にも欠点がありますが、それに甘んじて自分に自信を持てない女性の側にも問題があるようです。

先ほども言いましたが、男性と女性の仕事内容自体にはほとんど差がありません。

仕事だけでなく出産や育児なども女性だけの問題ではなく、男性にも関係してくることなので、双方が理解を持って、変化を恐れている社会そのものについて考えていかなければなりません。



給料を上げる簡単な方法とは?

ですが、やはり面と向かって給料を上げてくれというのは言いにくいものですよね。あなたの思っていることはよくわかります。仕事よりも難しいのは人間関係ですからね。

ですが、あなたが日々苦労してやってきた仕事は知らず知らずのうちにあなたの経験となって蓄積されています。

その経験を活かして「転職」するのも一つの道だと思います。



今の会社で「私の仕事内容に対しての給与に不満があります」と告げるより転職先で「これまでの経験で〇〇ができますので、これくらいの給与を希望します」という言葉の方が言いやすいはずです。

自分に自信がない方はもう一度思い返してください、あなたより給与をもらっている男性とあなたの仕事内容にそこまでの大きな差はありません。

ただこれまでそうだったから、多くの人がその慣習に習って同じことを言っているだけです。

新しいことを始めるには大きなエネルギーが要ります。無責任に頑張れと言われると腹が立ったり、家族やお金の問題など様々な要素が絡んで「仕方ない」と諦めてしまうあなたの気持ちもわかります。

ですが、自信なく、今の仕事を続けるよりも、自信をもって自分の仕事内容に関する不満を告げるか、転職して新たな人生を歩んだ方があなたの人生の5年後、10年後が豊になります。

今では様々な「転職サイト」が存在しているので、あなたの「経験値」を一度確かめる意味でも登録してみて損はないと思います。無料ですしね!



スポンサーリンク

おすすめ記事

記事はありませんでした

関連記事

この記事に関する情報

カテゴリ一覧

タグ一覧

人気の投稿

スポンサーリンク

最新の投稿