ウェブブラウザ徹底比較!あなたにあったブラウザを選ぶ方法

みなさんが普段インターネットを見ているブラウザは何ですか?IE?Firefox?数あるブラウザから何がいいのか本当に自分にあったブラウザを使っているか疑問に思っている方やどのブラウザも一緒じゃないの?という方もいらっしゃると思います。そこで今回は、あなたが自分に合ったブラウザを選べるように徹底比較を行いたいと思います。

スポンサーリンク

各ブラウザ毎の特徴

普段使っているブラウザにもそれぞれ特徴があり、得意とすることや機能が多いなど個性があるものです。そこで、各ブラウザ毎の特徴を紹介するので参考にしてください。

IE(Internet Explorer)

Windowsに最初から入っているブラウザで世界的なシェアもNo.1の有名なブラウザ。バージョンを重ねる毎に調整を重ね、今ではその他のブラウザに引けをとらないブラウザへと成長しました。

昔は開発者泣かせなブラウザで今でもその過去の遺産である7や8などが開発で足を引っ張ったりなど、悲しい過去を背負ったブラウザです。私もWebの制作などで、過去のバージョンに対応するために非常に多くの時間を取られた記憶があります。

私の周りでもあまりいい話は聞かないので、「最初から入ってるし、使い慣れてるからこれでいいや!」という思考停止の考えは辞めてこの記事を読んでよりよいブラウザを選んでください。それでも「やっぱりIEがいい」と言うならそれがあなたのベストブラウザなのでしょう!

Firefox

昔から拡張機能である『アドオン』で自分好みに様々にカスタマイズできるブラウザで、私のメインブラウザでもあります。

インストールしただけのノーマルな状態ではあまりパッとしませんが、自分が使いやすいように機能を拡張できるのであなただけのブラウザを作成することができます。ただし、あんまりアドオンを入れすぎると動作が重くなるので注意が必要でもあります。

Firefoxについてはこちら

Google Chrome

世界的に有名なサーチエンジンを作った企業である『Google』のブラウザ。その名の通り『Google』のサービスに関する親和性は高く、『Google』のアプリなどを多用している方は迷わずこのブラウザでしょう。

このブラウザもFirefox同様、自分専用にカスタマイズできる拡張機能があり、昔は数もすくなかったのですが、現在では公式非公式問わず様々な便利な拡張機能がリリースされています。また表示速度の早さも有名で、様々なベンチマークテストでも優秀な結果を出しています。

ただ、Googleに個人情報が送信されるという噂があるのですが、設定などでチェックを外すことができますし、そもそもGoogleで検索したデータをGoogleに送信するのがイヤだというのはちょっと私には理解し難い理由です。様々な情報を収集することで『Google』がデータを集めよりよい情報を提供してくれるので、むしろ積極的に送信するべきだと思います。私もそうしてますしね。

話は逸れましたが、スマートフォンのOSがAndroidの方は様々なサービスがPCと同期できたりして便利なので、ぜひ一度使ってみてください。

Google Chromeについてはこちら

Opera

ブラウザ黎明期からファンが多く、今でも数少ないファンから根強い人気があります。表示速度の早さが有名で人気が出ましたが、現在では他のブラウザと差はなく、消え行く運命のブラウザです。ただシェア率の画像を毎年見てもシェア率が何年も変わらないという不思議なブラウザでもありますw

ブラウザを開いた時にクイックアクセスができ、お気に入りのページにワンクリックでアクセスできるのが便利でしたが今では他のブラウザにも搭載されるなど目立った特徴もなくなってきました。Webサービスなども対応していないものがあり、使う人間を選ぶブラウザとも言えます。

上級者向けのブラウザですので、手を出す際は事前に下調べが必要です。

Operaについてはこちら

Safari

言わずと知れたMac標準搭載のウェブブラウザ。フォント表示がとても綺麗でテキストだけの閲覧などでは私もたまに使ったりしています。Macを使っている方は多分このブラウザが多いと思います。

以上が主なブラウザの特徴になります。この他にも様々なブラウザが存在していますが、世界的なシェア率で見ても上記の5つのブラウザが多く使用されているので、気になる方は他のブラウザなども調べてみてください。今回紹介したブラウザを使ってみるテストとしてもいいかもしれません。

世界中で使われているブラウザのシェア率

20150314_3

1位.『Google Chrome』

上記の画像でも分かる通り、今ではchromeのシェアがNo.1ですね。やはり表示速度の早さや、拡張機能などでモバイル端末とブックマークの同期ができる点など、便利な機能が多いおかげでしょうね。

私もネットサーフィンなどで調べ物をする時などはChromeを使ってますね。ブックマークの同期は便利でPCで追加したものをスマフォなどにも自動で追加されるので重宝してます。その他のサードパーティサービスなども対応したいるものが多いのでNo.1なのも頷けます。

2位.『IE(Internet Explorer)』

続いてやはりIEが2位ですね。まぁこれはWindowsに標準搭載されているので、人気があるというよりは絶対的な需要が多いせいでしょうね。

昔は酷評も多く、あまり印象のいいブラウザではなかったのですが、近年は成長をとげてなんとか他のブラウザと肩を並べられるようになったという印象です。

私も特定のIEでしかログインできないオンラインゲームなどにはこのブラウザを使っています。使わざるを得ないとも言えますがw

3位.『Firefox』

3位はFirefoxですね。現在の私のメインブラウザでもあります。元々昔からアドオンの機能などが便利でこればかりつかっていたのですが、最近はどうも挙動がおかしくスクリプトエラーなどで止まったりすることが多いです。

そろそろ別のブラウザに乗り換えようかと思っています。

4位.『Safari』

4位はやはりMac標準搭載のSafariですね。やはり人気のMacに最初から入っているブラウザなのでこのシェア率なのでしょう。Macと同じシェア率なんだと思います。

私は昔からWindowsを使っているのですが、Macも欲しいなと思いつつ、特に乗り換える理由がないので今まで触ってこなかったのですが、Mac欲しいです!

5位.『Opera』

5位は未だに根強い人気を持っているOperaがランクイン。出始めた頃から表示速度の早さで人気があったのですが、昨今ではその速度も他のブラウザに追いつかれ風前の灯火になっているようです。

ですが何年経っても一定のシェア率を誇るなどコアなユーザーに重宝されているようです。

最近では、偽装機能までついているようで、Webサービスなどに自分はIEやFirefoxであると偽るようです。生き残りをかけてもはやなりふり構っていられないようです。

気に入ったブラウザや自分に合ったブラウザはありましたか?私も用途によって使い分けているので、一概にどれがいいというのはあまり気にしていません。この記事でみなさんのネットサーフィンが少しでも快適になればいいと思います。それでは。

スポンサーリンク

タグ一覧

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

スポンサーリンク

人気の投稿

スポンサーリンク

最新の投稿