転職をスムーズに行うために覚えておきたい10のコツ

現在、転職を考えている方も、すでに転職活動をされている方もストレスを感じていませんか?そんな転職活動をスムーズに行うときに参考になる10のコツを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ストレスなく転職するために

1. 在職中に希望の職業などをリサーチする

先に仕事を辞めてから転職先を探しはじめると、不安が増してストレスが溜まり、悪循環に陥りがちです。
できれば、まだ雇われている間に希望の転職先などについて調べて問い合わせをしてみましょう。

同僚や将来雇ってくれそうな人に自分が仕事を探していることを話すときは「仕事を探してるの内緒にしといて」と必ず言っておきましょう。
次の仕事が見つかる前に現在の雇用主に仕事を探しているのを知られるのは極力避けるべきです。

2. 自分をブランド化する

転職先を探している時は時間があるので、自身のスキルに磨きをかけたりSNSなどを充実させたりなど、自分自身をブランド化することを心がけましょう。

希望通りの職業が来るのをただじっと待つだけではまず見つからないので、求職中に様々な人と接する機会を積極的にもつようにしましょう。

また、自身をブランド化する作業を行うことで、時間の管理と全ての作業は自己責任なので責任能力も育むことができます。

3. ボランティア活動などをして自分の手札を増やす

転職先を探している間に、経済的余裕があるなら、ボランティア活動などを行うことも3.のセルフブランディングの役に立ちます。

短期で無償の仕事を受けると、ブランクも気にしなくてよくなりますし、何より活動自体が実績になりどこかしらから声がかかることもあるかもしれませんしね。

4. 履歴書などに時間を割く

応募する仕事ごとに履歴書は書き変えてください。

求職中は時間がありますので、将来の自分を見据えて履歴書に自分の希望や経歴を細かく書くなど、時間を有効に使いましょう

5. 仕事探しを仕事にする

仕事を辞めてからはしばらくのんびりしたくなるものです。

しかし人間は一度怠けてしまうとそれがずるずると続いてしまうもの、何事にも動じない固い意志を持っているのなら話は別ですが

求職中は”仕事を探すのを仕事”にして朝の9時~夕方の5時までなど、時間を決めてスケジュールを立てて活動しましょう。

6. ネット上のコースなどを受講してスキルに磨きをかける

時間を有効に活用し、在宅時の活動などでネット上のオンラインコースなどを受講するのもいい手です。

現在のスキルのアップグレードもできますし、新たな分野への挑戦も新鮮でモチベーションが保てるでしょう。

それが将来の仕事に繋がる可能性もありますしね。

7. 休憩する

失業中もモチベーションを維持して、忙しくすることも大事ですが、休息を取るのも忘れないようにしましょう。

仕事が決まった瞬間に燃え尽きるほど頑張るとまた同じことの繰り返しになるので、友人と食事をしたり、自分の趣味に時間を割くなどメリハリをつけてモチベーションの維持と体調管理をして燃え尽きないようにしましょう。

8. コンピューターから離れる

昔の求職活動と言うのは、山のように履歴書を出して先方からの連絡を待つことが多かったです。

ですが最近は、職探しの多くはコンピューター上の掲示板やSNS、メールを使って行われています。

これらに没頭して職探しをするのもいいのですが、やはり最終的には仕事をする相手は人間です。

積極的に外に出ることを心がけ、人と接する機会も持つようにしましょう。

9. 仕事を探していることを自分の交友関係に知らせる

海外では、80%以上の仕事は求人広告を出さずに採用が決まっていると言います。

この数字はかなり高いように見えますが、多くの仕事は正式な求人広告を出さないのです。

やはり求人誌などの情報を掲載するとなると多少ではありますが経費もかかりますし、

雇用主は現在働いている職場の人間を信頼しているので、その信頼できる人物からの紹介だと安心感も違います。

しかし、それには自身のアピールが必要不可欠なので、自身のブランディングを心がけましょう。

10. LinkedInにを活用する

海外では、雇用主は採用する可能性のある人材の情報を吟味するためにインターネットを活用しているそうです。
(インターネットで探す割合は80%という高い数字も)。

自分でサイトを持っていない限りは、LinkedInに載せたプロフィールは名前で検索される可能性が高いので、プロフィールを完璧にするために時間を使いましょう。

そして自分のスキルと経験を正確に上手にプレゼンしましょう。コネのある人に保証人になってもらい推薦してもらうのも一つの手です。

いかがでしたでしょうか?
求職活動中にスケジュールを立てて実行していくと、モチベーションが保てるだけでなく、その後の仕事にも役に立つはずです。
ただ漫然と仕事が見つかるのを待つだけでなく、自分から行動することによって自身のスキルが高まります。
就職を果たした際には他の社員よりもすでに仕事がデキる社員になっているかもしれません。

スポンサーリンク

注目記事

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

タグ一覧

人気の投稿

最新の投稿