日々のトレンド情報を届けるフクロウ便

Windows10への無償アップグレードは「Pro」も対象、「Enterprise」はSAが必要

米Microsoftは1月30日、次期OS「Windows10」の企業向けエディションについて、アップグレード方針を明らかにしました。MicrosoftのOSの歴史を振り返って、順当に行くと「Windows7」の次の次なので、”アタリ”のOSになると思われる10。期待が高まります。

スポンサーリンク

アップグレードが無料!?んなバカな(笑)

1月21日に開催した発表会で、Windows8.1/8/7のユーザーに対して、Windows10のリリース後1年間は、Windows10への無償アップグレードを提供すると言っていましたが、ユーザーがWindows10にアップグレードすることで、今後はデバイスのサポート期間内であれば継続してアップデートを提供するそうです。 実質無料になったも同然ですね。

30日の公式ブログの投稿では、Windows10への無償アップグレードは、一般消費者や中小企業を対象で、Windows8.1/8/7ProもWindows10への無償アップグレードが可能だそうです。

一方で、Windows8.1/8/7Enterpriseについては、無償アップグレードの対象ではないけど、Windowsソフトウェアアシュアランス(SA)というものの契約期間内であれば従来と同様に、最新版へのアップグレードが可能なんだそうです。

Windows7以来の期待感

私個人の話をしますと、昔からWindows一筋だったので、様々なOSを使用しました。「95」から始まり、「7」まで一通り使いましたが、先ほども書いたとおり、Windowsの長いOSの歴史の中で必ずと言っていいほど決まりきった法則があり、リリースする順番で

良作→イマイチ→良作→イマイチ

このような交互のに良作とそうでないものが出されるという法則があり、アタリもあればハズレもあったりで、なかなか一喜一憂できてそれはそれで楽しかったです。

ただ、毎回自作をするのでDSP版を購入するのですが、購入してからしばらくして「あ~・・・ハズれた~・・・」という経験が何回かあったので、それを気にしなくてよくなる今回の無償アップデートにはMicrosoftの本気を感じました。

デバイスもOSも好調な好敵手のAppleに負けないように、Microsoftさんにも頑張って欲しいと思います。ファンなので(笑)

私のパソコンも既に5年前の遺物なので、そろそろ買い替えを検討中です。今ひとつパッとしなかった「8」ですが、今回の「10」を期に一新しようかとおもいました。今後の情報も随時追加していきます。パソコンの自作記事なんかもいいかな~?

スポンサーリンク

以下の記事がおすすめです

スポンサーリンク

タグ一覧

おすすめ記事

関連記事

前後の記事

人気の投稿

最新の投稿