木村文乃のドラマや映画など出演作品の最新情報一覧2017

20170710

今や女優としてテレビで見ない日はないと言っても過言ではない、女優の木村文乃さん。そんな彼女のこれまでのテレビドラマや映画の出演作品の最新情報の一覧をまとめてみました。

スポンサーリンク

テレビドラマ

99.9 -刑事専門弁護士- SEASON2(2018年)

松本潤主演の弁護士ドラマで、刑事専門の弁護士を描いた作品。木村文乃「SEASON II」からの登場となります。

伊藤くん A to E(2017年)

第150回直木三十五賞候補作に選ばれた柚木麻子の作品を実写ドラマ化。

同名の映画も同じキャストで公開されることでも話題になりました。

ボク、運命の人です。(2017年)

木村文乃(ボク、運命の人です。)

亀梨和也山下智久のジャニーズのイケメン二人の共演で話題となったテレビドラマ。

木村文乃はメイヒロインである湖月晴子を演じます。

運命を信じる男と運命を信じない女という現実ではあまりいそうにない男女の恋模様を描いた作品でドラマらしい作品となっています。

A LIFE~愛しき人~(2017年)

木村文乃(A LIFE〜愛しき人〜)

木村拓哉の久々のドラマ主演で話題となった本作。外科医を演じる彼の演技は、本職の外科医から見ても「らしさ」が出ているなど、主演としての演技力はまだまだ衰えていないようです。

木村文乃の役柄は主人公の右腕の一流のオペナース。主人公のオペに彼女はなくてはならないと言わしめるほどの腕前を持つ一流のナースを演じ切ります。

神の舌を持つ男(2016年)

木村文乃(神の舌を持つ男)

向井理演じる「絶対舌感」を持つ蘭丸がその舌を使って様々な事件を解決していくと言うストーリー。

毎回変わる木村文乃の可愛い衣装も見どころの一つでした。

精霊の守り人(2016年・2017年)

上橋菜穂子による異世界ファンタジー小説のシリーズ作品で綾瀬はるか主演で実写化されたテレビドラマ。

海外に展開されることが最初から構想に入っており、アジアの雄大な自然をメインとしたカメラワークがこの作品の見どころの一つとなっています。

また、女性としての柔らかい役の多かった綾瀬はるかが精悍で男勝りなバルサ役を演じることでも話題になりました。

関連記事

サイレーン 刑事×彼女×完全悪女(2015年)

木村文乃(サイレーン 刑事×彼女×完全悪女)

山崎紗也夏の漫画作品である「サイレーン」を元とした松坂桃李主演のテレビドラマ。

松坂桃李の恋人役として、また、菜々緒演じる橘カラと言う役に異常に執着される猪熊夕貴という役を木村文乃が演じます。

物語終盤で明かされる事実と現代において起こりうる問題を抱えた、非常にメッセージ性のある作品となっています。

関連記事

スポンサーリンク

映画

伊藤くん A to E(2018年)

第150回直木三十五賞候補作に選ばれた柚木麻子の作品を実写化。

イケメンだが自意識過剰で無神経が度を越している通称「痛男」伊藤誠二郎とその周りの女性5人にまつわるストーリー。

木村文乃の役どころは、女たちの伊藤にまつわる恋愛相談をネタに新作ドラマで再起を図る、売れなくなった崖っぷちアラサ―脚本家である矢崎莉桜

2017年にはドラマ化もされ、さらに2018年には映画化もされる予定の本作。

演者も美女ばかりで、衝撃のラストが待っているなど、気になる作品です。

羊の木(2018年)

さびれた港町・魚深市に移住してきた見知らぬ6名の男女。ごく普通の市役所職員・月末は、彼らの受け入れを命じられた。やがて月末は衝撃の事実を知る。

6人の移住者は全員、元殺人犯。6人を受け入れた町は、静かに変わり始める。

漫画界に君臨する二人の巨匠による問題作を、『紙の月』『桐島、部活やめるってよ』の俊英・吉田大八監督が映画化。

強烈な個性をもつ実力派オールスターキャストで贈る、人間の本性を炙り出す、極限のヒューマン・エンタテインメント!

火花(2017年)

木村文乃(火花)

お笑いタレントの又吉直樹の作品で芥川賞を受賞した「火花」を初の映画化。

木村文乃の役柄は桐谷健太演じる神谷と同棲している女性。

お笑い芸人には必ずついてまわる「縁の下の力持ち」である恋人の役を演じることになります。

追憶(2017年)

木村文乃(追憶)

25年ぶりに再会した幼馴染の3人がとある事件をきっかけに過去の出来事についてのとある事実が明るみに出るという作品。

この作品では容疑者である小栗旬演じる田所啓太という男の妻の役で子供を妊娠している。木村文乃は子供を妊娠している作品が多いとふと思いました。

RANMARU 神の舌を持つ男(2016年)

木村文乃(RANMARU 神の舌を持つ男)

同名のテレビドラマの最終回で劇場版の予告がされたが題名があまりにも長いため表題のように省略された。

キャストはテレビドラマからの続投で相変わらず主人公である向井理演じる蘭丸を追いかける役として木村文乃が出演します。

スキャナー 記憶のカケラをよむ男(2016年)

木村文乃(スキャナー 記憶のカケラをよむ男)

野村萬斎宮迫博之という異色のコンビで演じる作品。

物や場所に残った記憶や感情(残留思考)を読み取る「スキャニング」という能力を主軸とした作品で、木村文乃の役柄は行方不明となったヒロインの恩師。

彼女の捜索が物語の主軸となっています。

ピース オブ ケイク(2015年)

木村文乃(ピース オブ ケイク)

ジョージ朝倉による日本の漫画を実写化した本作。松坂桃李が初のオネエ役を演じたことでも話題になりました。

関連記事

イニシエーション・ラブ(2015年)

木村文乃(イニシエーション・ラブ)

松田翔太前田敦子の主演で話題となった作品。衝撃的な結末が話題となり、公開前から期待度の高かった作品。

木村文乃の役柄は石丸美弥子と言う新入女子社員。大学時代劇団に所属していたという設定。

くちびるに歌を(2015年)

くちびるに歌を

新垣結衣主演の作品で、音楽教師としてとあるクラスに赴任してくる。だが、クラスには様々な問題が待っていた。また、そんな彼女自信も問題を抱えている。

そんな中、木村文乃の役柄は、前任の音楽教師。木村文乃演じる松山ハルコが産休に入ったため中学時代の同級生である新垣結衣演じる柏木ユリが臨時の音楽教師として赴任してきた関係性になっています。

関連記事

スポンサーリンク

注目記事

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

タグ一覧

人気の投稿

最新の投稿