ベッキーが北村一輝を「優しい」と絶賛!ドッキリにも大人の対応

甘いマスクと個性的な演技で大人気の北村一輝さんが4月16日放送の「ニンゲン観察バラエティ モニタリング」で見せた”大人の対応”がまたもや話題を呼んでいます。

スポンサーリンク

鋭い顔とは裏腹に

先日放送された「ニンゲン観察バラエティ モニタリング」でまたもや大人の対応を見せた北村一輝さん。

今回は大島優子さん主演で話題の新ドラマ「ヤメゴク」から大島優子さんの協力を得て
北村一輝さんをターゲットにして

「もしも撮影現場でおかしな事が起きたら芸能人は撮影を続ける?続けない?」と言うもので

ドラマの宣伝と偽ったニセ番組の収録中に、仕掛け人のADがありえないミスを連発し、ふたりはどのような反応をするのか?と言う企画でした。

収録のセッティング中にAD大島さん

「大島、この位置で大丈夫ですか?」

とADが女優を呼び捨てにするという、業界ではありえない状況。

これを見ていた北村さんはADに「お名前は?」と尋ね、ADが「菅原」だと名乗ると
北村さん「おう、じゃあ菅原!」とADを呼び捨てにすることによって、ADの非常識な態度をネタにすることで現場に笑いを和ませました。

さらに、その後もありえないミスを連発するAD。

収録が始まり、大島さんがインタビューに答えていると、いきなり「プゥ~」と気の抜ける音が。

これに気づいた北村さんが苦笑しながら「ちょっと待って、屁した?」とツッコミを入れるも、ADは「してないです」とシラを切りました。

すると北村は「俺やわ」「ごめん、気にしないで」と自分を犯人に仕立て上げ、ADをかばってみせた。

VTRを見ていたスタジオから「スゴーい!」などと、北村の大人な対応に感嘆の声があがり、司会のベッキー「優しい!」北村さんを絶賛しました。

その後も収録は続き、「ヤメゴクグッズを発売しよう!」という偽のコーナーが始まり
洋食の名店「たいめいけん」の3代目シェフ、茂出木浩司さんが仕掛け人として参加。

その茂出木さんのカレーを二人が試食することになるが、実はこのカレー、「味のしない激まずカレー」なのである。

カレーを口にした大島さんは「ん?味しない」と素直な感想をつぶやき
北村さんは、あまりのまずさに口元を押さえて悶絶し、現場から退室。

退室後の様子は映像はないものの、音声では「うーわ、マズい」と本音を漏らした声が録音されていた。

北村さんは戻ってくると、「違うんですよ、あまりにもおいしくて・・・喜びに行った」と茂出木さんをフォロー。

そこでようやくスタッフがネタばらしをすると、二人は安堵の表情を浮かべた。

カレーについて、北村さんは「こんなにマズいものを口に入れたことがない」と正直にバッサリ。
大島さんも「だってクソマズいもん!」と言い放ち、現場は笑いに包まれた。

非常識な人間がいてもそれで現場の雰囲気が悪くなることを避けて大人な対応を瞬時にできる北村さんは女性ならずとも男性でも憧れてしまいます。

個性派”すぎる”俳優

そんな大人な北村さんですが、役作りなどで個性的”すぎる”役作りなどが有名です。

とあるエピソードでは、1997年公開『鬼火』では、ゲイバーのママ役に決まり、役作りのための店に行こうと思ったが下積み時代なので金が無く、何週間も新宿二丁目の通りに立ち続けた結果声をかけて来た客にゲイバーに連れていってもらったそうです。

また、望月六郎監督に連れられ主演の原田芳雄さんに初めて挨拶した際に、ゲイの役柄で黒のショートパンツ姿だった北村さんを見て、「ガチなのが来た」と勘違いした程だったという。

その他にも、1998年公開『JOKER 厄病神』で、チンピラ役で出演した際に役作りで前歯数本を抜こうと歯科医に頼んだら、困惑されたという話があります。

本人も自分の性格で嫌いなところに「全てにおいて力加減が下手」と答えており、自覚があるもののついついやってしまうそうです。

大人な対応もできますが、子供っぽい部分もあり、そのギャップがまたファンを惹きつける魅力なんでしょうね。

新ドラマも期待

そんな魅力満載の北村さんと今回連ドラ初主演の大島優子さんが出演する新ドラマ「ヤメゴク」

物語は警視庁組織犯罪対策部(いわゆるマル暴)内の「暴力団離脱者電話相談室」通称“足抜けコール”が舞台。平成4年3月に施行された暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律、通称「暴力団対策法」または「暴対法」の流れの中で、政治家や警察官僚からの上意下達により、生まれた“足抜けコール”。

“足抜けコール”の仕事は、暴力団の構成員(ヤクザ)を堅気に戻すこと。つまり、構成員から“足抜けコール”があると本人とコンタクトを取り保護。さらに所属していた暴力団組織に話をつけ、最終的には堅気の就職先を斡旋するというものだ。

大島が演じる主人公・永光麦秋(ながみつばくしゅう)は、この“足抜けコール”で働く警察官。麦秋は、保護対象者が脅しにかけられても、その脅しをかけてきた人間に自分の身ひとつで立ち向かい、どんなに巨大な敵であろうと情け容赦なく叩きのめす。

そんな“足抜けコール”を描いた警察ドラマであり、麦秋の葛藤と成長、周囲の人間模様を描いた人情ドラマである。

気になる初回の視聴率は

「9.1%」

と、木村拓哉さん主演による初のテレ朝のドラマ「アイムホーム」
堺雅人さん主演の「Dr.倫太郎」
嵐・相葉雅紀さん主演の「ようこそ、わが家へ」など、話題作が豊富な春ドラマの中でも好調な方。

木村拓哉が宣伝部長?『アイムホーム』で垣間見えるキムタクの焦り

堺雅人主演の新ドラマ「Dr.倫太郎」は高ギャラで奥さんの紹介?

大島優子さんと言えばこのドラマのために髪型を変えたことも話題になりました。
大島優子が役作りで黒髪にイメチェンで激カワに変貌!

今後の展開も期待されるこのドラマで大島さん北村さんの演技が楽しみです。

第1回を見逃した人は、TBSの「ヤメゴク」公式サイトで、4月23日(木)21時59分まで無料配信しています。

スポンサーリンク

注目記事

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

タグ一覧

人気の投稿

最新の投稿