日々のトレンド情報を届けるフクロウ便

時をかける少女の声優は?実写映画やアニメのその後や舞台など

20150714

筒井康隆原作のSF小説「時をかける少女」をアニメ化した本作。これまでも何度か実写映画や舞台などが公開されてきた「時かけ」を日本のアニメ界の巨匠、細田守が独自の世界観で20年後のストーリーを描きます。あの女優が声優を演じてた?本作のその後って?気になる情報をお届けします!

スポンサーリンク

タイムリープ

1967年に発売された筒井康隆さんのSF小説作品「時をかける少女」

発売後に、様々な形で公開され、そのたびに人気を博してきた本作。

この作品に感銘を受けた日本を代表するアニメ監督の細田守さんが、本作を独自の世界観で彩ります。

舞台は原作の20年後の世界。とある高校に通う女子高生の紺野真琴は、ある日踏切事故にあったのをきっかけに、時間を過去に遡ってやり直せるタイムリープ(時間跳躍)能力に目覚めてしまう。

最初は戸惑いつつも、身の回りの小さな出来事に、奔放に自分の能力を使う真琴ですが、そんなある日、仲の良い2人の男友達との関係に、微妙な変化が訪れていきます。

タイムリープと言う、一つの超能力を得た少女の視点の変わった日常や淡い恋心が描かれた本作は、今でこそ有名な作品ですが、公開当時はそうでもなかったようです。

人気がじわじわと

公開当時は上映館数が21程度と、ミニシアターなみの規模でした。さらには、同時期に公開されたジブリ作品「ゲド戦記」などの人気におされ、知名度は低かったようです。

ですがその後、ネットなどの口コミを中心に除々に人気が出始め、連日立ち見客が増えるほどの人気を博します。

ですが、上映用のフィルムの本数が14本しかなかったため、上映が終わった映画館から次の映画館へとフィルムが渡り、最終的には上映館数は100を越え、気づいた時には公開期間が9ヶ月も経過しているロングラン興行となっていました。

その後、DVDが発売され、国内外で15万本のセールスを記録。映画やアニメの賞などを23も獲得するなど、公開当時には予想もできなかった人気を得ました。

気になるその後は?

そんな人気を博した本作のその後のストーリーなどが気になったので調べてみました。

このことに関しては、公開後から様々な考察がされてきましたが、千昭との約束を守るために真琴が自分の将来について功介に話している場面があることから、約束を守るために自ら行動に移すこと、というのが一番有力なようですね。

映画をみてもらえばわかりますが、ある重大な秘密を千昭は隠しています。

このことが物語りの軸となるのですが、結末に関しては賛否両論があり、今でも議論が絶えません。

以上のような意味を覚えて映画を見るとまた違った角度から楽しめるものです。

あなたはどう思いましたか?

声優に仲里依紗

また、この作品には「サマーウォーズ」でも声優を務めた仲里依紗さんが本作では主人公である紺野真琴役として出演しています。

また、このことがきっかけとなり仲里依紗さんは2010年に公開された同タイトルの実写映画「時をかける少女」でも主演を務めました。

これまでも、2度、実写化されてきた本作ですが、仲里依紗さん主演の作品は芳山和子が主人公のまた違ったストーリーとなっています。

細田守の名前を世に知らしめた作品としても有名な本作が「バケモノの子」公開記念として「サマーウォーズ」「おおかみこどもの雨と雪」に続いて放送されます!

放送日は7月17日金曜ロードショー夜9時からです!お見逃しなく!

「時をかける少女」公式サイト

スポンサーリンク

以下の記事がおすすめです

スポンサーリンク

タグ一覧

おすすめ記事

関連記事

前後の記事

人気の投稿

最新の投稿