日々のトレンド情報を届けるフクロウ便

優希美青が病気だった?デスノートでミサミサではなくニア役で復帰!

20150713_2

大人気の朝ドラ「あまちゃん」や「マッサン」で注目を浴び、大人気漫画「デスノート」の初のドラマ化でLの後継者でテレビ初登場のニア役を務めることになった優希美青。一時期はメディアから姿を消していた彼女。その理由とは?

スポンサーリンク

「あまちゃん」や「マッサン」でブレイク

2012年「第37回ホリプロタレントスカウトキャラバン」にて応募総数2万9521人の中からグランプリを獲得し、優希美青の芸名でデビューしました。

憧れの人は石原さとみさんだそうで、「彼女のように笑顔で人を元気にしたい」と思ったことがデビューのきっかけのようですね。

その後、2013年4月にドラマ「雲の階段」で女優デビュー。2013年9月公開の映画「空飛ぶ金魚と世界のひみつ」では映画初主演を務めた。

さらには2013年5月号から「ピチレモン」の専属モデルを務めています。

そこで注目を集めた彼女がその後、人気ドラマ「あまちゃん」への出演を果たします。さらにその後に再度朝ドラ「マッサン」に出演し、人気に拍車をかけました。

さらに、2015年3月に公開された初主演映画「でーれーガールズ」に出演し、CDデビューも決まっていましたが、後述する体調不良のため発売が一旦休止されました。

そして今回、大人気漫画のドラマ化である「デスノート」で初の実写化であるニア役として出演します。

優希美青さんと言えば、大人気漫画「名探偵コナン」シリーズの大ファンとしても有名ですね!

ニアではなくミサミサだった?

ニア役として採用された彼女ですが、別のところで配役に関して疑問が出ているようですね。

それは、ミサミサこと弥海砂役に選ばれた佐野ひなこさんの配役が合っていないと話題になっています。

ドラマ化が発表されキャストが決まった際に、優希美青さんの名前を見たファンが「優希美青がミサミサか!やった!」と思ったんだそうです。

ですがフタを開けてみると、ニアが原作と違う女性として描かれその役に優希美青さんが選ばれていました。

さらには、グラビアアイドルとして活動している佐野ひなこさんがミサミサに選ばれましたが、彼女の魅力である可愛らしい顔立ちとミサミサのメイクが全く合っていないことからブサイクミサミサ「ブサブサ」とまで呼ばれてしまっているようですね。

佐野ひなこさんがブサイクなのではなく、彼女のイメージに合っていないメイクや役柄で「優希美青がミサミサでよかったのに・・・」と違うところでミスキャストが叫ばれているようです。

病気で活動休止?

そんな絶好調の彼女ですが、2015年1月中旬頃から体調不良を原因に芸能活動を一時休止していた時期がありました。

ニュースにもなったこの話題は、公式にはただの体調不良と言われていますが、調べてみた結果、原因があったようですね。

一番大きな原因と言われているのが「拒食症」だったそうです。

これは活動休止前に出演していた「マッサン」の時の優希美青さんの様相が余りにもゲッソリとしていたため、このような噂がたったようですね。

まだ若いため恐らく人一倍、細さ=美しさだと思っていたようですね。

また、これ以外の要因と言われているのは、「過労」という説もあるようです。

まだ若干16歳という若さで学業と芸能活動の両立というハードワークで限界が来たようです。

どちらにせよ、若く才能のある女優さんだけに、まだまだこれから多くの作品に出演してほしいので、体調には十分配慮して活動を続けて欲しいものです。

彼女の今後の体調や活動をこれからも逐次チェックしていきたいと思います!

スポンサーリンク

以下の記事がおすすめです

スポンサーリンク

タグ一覧

おすすめ記事

関連記事

前後の記事

人気の投稿

最新の投稿