日々のトレンド情報を届けるフクロウ便

長谷川潤の旦那はマフィア?おしゃれイズムで夫や子供を紹介!妹との不仲や性格も

Viviの看板モデルとして人気を博し、現在では生活の拠点をハワイに映した長谷川潤さん。2人の子供を儲け順風満帆の彼女の情報を紹介します。旦那がマフィア?妹とは不仲?実は性格が悪い?気になる情報を一挙にお届け!

スポンサーリンク

ハワイ育ち

本名は長谷川カウルヴェヒ潤父親アメリカ人母親日本人ハーフモデルアメリカニューハンプシャー州で生まれました。

2歳ハワイ州ハワイ島ヒロへ移住後、14歳の時にスカウトを受けるまでハワイで育ちました。

その後、15歳で日本へ移り住みモデル業を開始。ですが当初は、数多くの雑誌のオーディションを受けるも全く仕事にありつけなかったそうです。

その後、地道な活動を続けた結果、2002年から雑誌「ViVi」のレギュラーモデルとなり、以降2010年7月発売の9月号に至るまで8年間にわたって同誌で、太めの眉毛と彫りの深い端正な容姿で、幅広いジャンルのアイテムを着こなす看板モデルとして人気を博しました。

なおViViでの同期には藤井リナ渡辺知夏子紗羅マリー、およびマリエなどがいます。

「ViVi」を去った後の2010年9月から「GLAMOROUS」専属モデルへ転向し、同月発売の10月号でさっそく表紙に登場し以降、同誌で表紙モデルとして活動しています。

タレント業の方はテレビ番組への初出演はテレビ東京系「シネマ通信」で、2009年からはバラエティ番組「グータンヌーボ」にレギュラーで出演。

さらに2010年10月~2012年9月にかけて「アナザースカイ」に司会役としてレギュラー出演を果たし、その後、産休により司会降任し、その役は「non-no」モデルの岸本セシルに引き継がれました。

さらにこの間の2011年結婚を発表しました。お相手はハワイ在住の一般男性の方で、なんと3年間遠距離恋愛を経てのゴールインだったそうです。

現在ではこの方との間にお子さんを2人もうけており、活動の拠点を日本からハワイに移して活動しています。

ちなみに本名の「カウルヴェヒ」は名前のとほとんど同じ意味だそうで「長谷川”潤”潤」と面白い名前になることを以前「しゃべくり007」で言っていたのを覚えています。

旦那がマフィア?

そんな長谷川潤さんのマフィア!?との噂がありましたので調べてみました。

20150702_2

写真をご覧になればわかるように、ただマフィアっぽい容姿というだけで、普通の男性のようです。

職業はハワイスニーカーのお店を営んでおり、アディダスナイキなどの大手メーカーの別注品が大当たりし、今では多額の資産を築いていると言われています。

長谷川潤さんと言えば、2005年からEXILEMAKIDAIさんと交際、2008年には自ら破局したことを報告したことで有名です。

その後にDavidさんに出会ったようですね。

現在ではDavidさんとの間にもうけた二人のお子さんとハワイで幸せに暮らしています。

20150702

妹とは不仲?

そんな長谷川潤さんですが、との不仲説が囁かれています。

長谷川潤さんは3人姉妹長女で下に二人のがいるのですが、なんとこの姉妹全員父親が違うのだそうです。

なので、姉妹間の仲はあまり良くなかったようで、長谷川潤さんが日本に移住するまでは不仲だったそうです。

ですが、母親は同じ姉妹。離れ離れになった途端にがいないことに寂しさを覚え、姉妹の大切さを痛感し、現在では仲は良くなったそうです。

長谷川潤さん自身も二人のお子さんがいるので、このようにならないように温かい家庭を築いて欲しいですね。

性格が悪い?

また、ネット上などでは、長谷川潤さんの性格について「悪い」との噂が流れています。

これには訳があり、長谷川潤さんがまだ日本に在住して芸能活動を行っていた際に、自宅に友人などを招いてパーティなどを行っていたそうです。

ですが、このパーティ中は音楽フルボリュームで流しており、近隣にも響くほどの音量だったとか。

あまりの騒音に長谷川潤さんの近隣住民の方が苦情を言いに行ったところ、長谷川潤さんがこの住民に対し英語でまくしたて「英語わからないだろバカヤロー」と言ったニュアンスの言葉を言い放ったそうです。

ですが、この苦情を言いに行った方は英語が分かる方だったようで、そのことから長谷川潤さんの性格の悪さが広まったようですね。

さらにこの苦情を言いに行った近隣住民の方というのが、何を隠そう「機動戦士ガンダム」ララァ・スン役を務めた声優の潘恵子さんだったのです。

確かにあくまで噂のレベルですが、陽気な彼女の性格からしたらひょっとしたらあったのかもしれません。有名な話ですし。

ですが今となっては2児の母。ハワイで二人のお子さんと楽しく生活されていることでしょう。

これからも度々目撃する機会もあるでしょうからこれからも応援していきたいと思います。

スポンサーリンク

以下の記事がおすすめです

スポンサーリンク

タグ一覧

おすすめ記事

記事はありませんでした

関連記事

前後の記事

人気の投稿

最新の投稿