日々のトレンド情報を届けるフクロウ便

IKKOの年収ってどんだけ~?自宅や別荘などいかほど~?

美のカリスマとして名高いIKKOさんが15日放送の「ぴったんこカン・カン」に出演して、軽井沢にある豪華な別荘が公開されます。視聴者からの「年収どんだけ~?」の声が聞こえてきそうです。

スポンサーリンク

IKKOさんって?

本名は豊田 一幸(とよだ かずゆき)さん、”一幸”の音読みで”IKKO”(いっこー)と言うようです。

IKKOさんの出身は福岡県田川郡福智町。美容の専門学校を卒業後、高級美容室「髪結処 サワイイ」8年間の間美容師としての修行を重ねた後、ヘアメイクアップアーティストを志して独立したそうです。

現在では、複数の女性誌の連載や、トークショー、ディナーショーなどで全国で活躍されており、地元福岡でも「IKKO WORLD」と呼ばれる美容&ファッション&エンターテインメントの集大成的イベントを開催。

衣装メイクはもちろんモデルのオーディションから音響照明など全てを自身で手掛けたイベントも開催するなど精力的に活動されています。

また、世界文化社から出版された「IKKO 女の法則」「IKKO キレイの魔法」など著書は、合計販売数は30万部を突破しており、ベストセラーとなっています。

これほどの活動を行っている故の年収なのでしょうね。そんな気になる年収の具体的な数字は

推定2,3億円

サラリーマンの生涯年収を1年で稼いでしまうほどの年収。さすが”美のカリスマ”と呼ばれるだけあり、年収も半端ありませんね。

こっちが「どんだけ~!?」と言いたくなります(笑)

※福岡県と言えば前日「ナイナイのお見合い大作戦!」が開催されましたね!

ナイナイのお見合い大作戦!13日放送の舞台は福岡県八女市

別荘だけでなく自宅も豪華

以前テレビでも紹介されたIKKOさんの自宅も別荘に負けず劣らず豪華なようです。

東京都の南青山にある家賃300万円もする高級マンションで、なんと購入すると20億円もするほどのマンションのようです。

その自宅には350万円もするペルシャ絨毯や高級なアンティーク家具が所狭しと並んでおり、その豪華さたるやまさに圧巻の一言でした。

美しいものに囲まれて生活することが今の活動に影響しているのかもしれませんね。

年収のほとんどは衣装代やメイク代?

先ほど、驚きの年収を公開しましたが、なんとその年収の使い道はほとんどが衣装代やメイク代なのだそうです。

月収の9割が衣装やメイクで消えていくそうで、そこまでするからこそ現在でもセンスを保っているのかと思うと納得でき・・・ないですね。使いすぎ(笑)

書家としての活動も

タレントやメイクアップアーティストの他にも、書家としての顔も持っており雅冬炎(みやび とうえん)の名で活躍しているそう。

様々な展覧会に入賞しており、こちらの活動でもその類まれなセンスが活かされているようです!

山岸舞彩さんと同じ展覧会に入賞して展覧されるなど、書家としての活動もこれから年を重ねる毎に味が出てきそうな気配です!

どんだけ~はIKKOのネタじゃない?

IKKOさんと言えば「どんだけ~」や「いかほど~」などのネタが有名ですが、実はこのネタはIKKOさんのネタではないそうです。

元ネタは「新宿二丁目のゲイ」の間で使われていたのが元だそうで、ダウンタウンが司会のテレビ番組「リンカーン」で紹介されたものを、IKKOさんがテレビで使うようになり話題になったようです。

そんなIKKOさんが出演する「ぴったんこカン・カン」は15日の19時56分~20時54分からの放送です!お見逃しなく!

スポンサーリンク

以下の記事がおすすめです

スポンサーリンク

タグ一覧

おすすめ記事

記事はありませんでした

関連記事

前後の記事

人気の投稿

最新の投稿