仕事を辞めたいけど言えない!人間関係やストレスなど限界を感じたら?

20170824

仕事を辞めたいけど恥ずかしくて人に言えない、誰にも相談できずに一人で悩んでいる。人間関係でのストレスや労働環境など理由は様々でしょう。ですが、まだあなたが20代、30代ならまだしも40代、50代になったら?うつ病などになってしまえばその後の人生も楽しく生きられなくなります。そんな時に考えるべきこととは?

スポンサーリンク

仕事を辞めたい

毎日会社に出勤するのが苦痛に感じてはいませんか?

「毎週月曜日を迎えるのが憂鬱だ」
「上司の顔を見たくない」
「仕事以外の時間がない」

仕事を辞めたいと思う理由は様々だと思います。

それを身内や会社の上司や同僚に相談したところで

「辞めて次の仕事はどうするのか?」
「一つの仕事も続けられないならどこに行っても同じ」
「根性がないだけだ」

など通り一辺倒のことを言われるだけだと思います。

もしかしたら、あなた自身もその言葉が正しいと思って、歯を食いしばって、日々嫌いな仕事を頑張っているのかもしれません。

私も社会に出て、1年ほど働きましたが、とても現代社会の労働環境には馴染めませんでした。

仕事内容自体は好きだったのですが、上司がどうしても相容れない性格でした。

サービス残業にもっともらしい理由をつけて強要してくるので、毎日仕事と納期に追われ、徹夜続きで帰れても終電・・・。

仕事の内容が目を閉じても浮かんでくる
不安で食事も味が感じられない
帰りが遅く睡眠時間は減る一方

終いには睡眠不足不摂生ストレスが重なり病気になり、退職を決心しました。

この時に気づきました。

「会社に責任は取らされても、会社は自分の人生になど責任は取ってくれない」

「そんなのは当たり前」と思うかもしれませんが、あなたの人生は一度しかありません。責任も取ってくれない会社に縛られて生きることに本当に意味があるのか、もう一度よく考えてみてください。

あなたの人生はあなただけのものです。他人の意見に従って行動してもあなた自身が納得していない場合はストレスを感じるだけです。

会社の人間や上司は友達ではないのですから、自分の性格趣味感情特技など、あなたの個性を何も知らないのに世間一般で言われることをただ言い並べているだけです。

親や身内の意見も関係ない

親や兄弟などの身内も一緒です。彼らはあなたではないのですから、あなたが何を思い、何を考えているかなどわかりません。

「社会とはそういうもの」
「そういう会社でも自分は続けてきた」

それで育ててくれた親には素直に感謝しましょう。ですが、それとこれとは別問題です。時代が違えば仕事環境も違います

それなのに同じことを強要されてもできるはずもありませんし納得もできないでしょう。

モチベーション

嫌な仕事を無理やり頑張り、下げたくもない頭を下げる。

果たしてそんなことをしていて、仕事の本来の目的である「成果」を出せるのでしょうか?

「失敗しないだろうか?」
「納期に間に合うだろうか?」
「上司に小言を言われるんじゃ・・・」

など、ミスをしないように仕事を頑張る。一見正しい行動のように見えますが、これらは負のモチベーションです。

「仕事を成功させてその先を考える」この本来の目的からは反対の精神状態にいます。

そんな状態で仕事を成功さえたとしてもそれらは一過性のものにしか過ぎず、会社やひいては自分のためにはなんのプラスにもなりません。

「やる気」という言葉がよく使われますが、これは仕事を成功させる上で非常に重要な要素です。

「やりたくない仕事をお金のためにやる人間」「自分の仕事に誇りを感じている人間」がやる仕事の成果は果たして一緒でしょうか?

私は明らかに両者に差が出るものだと思います。こんなものは科学的なデータを見ずともわかることです。

その時だけは僅かな差だったとしても、5年、10年と続けていけば必ずその差は大きくなる一方です。

「自分のやりたいことを仕事にする」

一見、夢見がちなこの言葉ですが、これができない場合はすぐに仕事を辞めた方がいいでしょう。

自分自身だけでなく会社にとっても迷惑になります。仕事に情熱を持っていない状態では成果も上がらないですからね。

世の中には様々な業種があります。あなたに合う仕事が必ずあります。

もし見つからないのだとしたら探し方が足りないだけです。

仕事は人生の中でずっと続けていくものです。それに情熱を持てずに続けていたらあなたの人生を無意味に過ごしていることになります。

仕事を辞めたらどうする?

ですが、今の仕事を辞めたとしても、辞めた後の生活に不安を感じる方が大半だと思います。

独身の方でしたら自分の生活の心配だけで済みますが、配偶者がいる方はさらに辞めにくい状況にいるでしょう。

そこで、辞めたあとの不安を少しでも軽減するために、退職後も収入を確保できるようにしておきたいですよね?

そういう場合にはどうすればいいのでしょうか?

その不安を解消する方法は様々なので以下にご紹介したいと思います。

転職する

「今の仕事から逃げて転職しても一緒なのでは?」

そう感じる方も多いでしょう。ですが、先ほども言ったように、「自分の仕事に情熱を持てない」のならば仕事をしている時間そのものが無駄になります。

他にもキャリアアップのために転職することは、あなたの人生を豊かにする上で重要なことなので検討の余地はあります。

ですが、日本社会では転職が多い人間。職を転々としている人間は評価が下がってしまいます。

多くても3回までが限度で、それを越えると一つの仕事が続かないというレッテルを貼られ、正社員の雇用が難しくなります。

ですが、何度も言うようにあなたが死ぬまで続ける仕事です。

それこそ”死ぬ気”で探すことも必要なのことです。だって人生がかかっているのですからね。

副業を始める

世の中には嫌な仕事で会社勤めをしていても、それ以外で収入を得て、やりがいのある仕事をしている方が多数います。

ネットなどで目にしたこともあるかもしれませんが、本来の収入に加えてプラスの収入があれば、より豊かな人生を送れるのは間違いありません。

また、その副業の稼ぎ次第では本業になる可能性だってあります!会社に縛られず、自分のやりたいことをやる。まさしく最高の転職と言えるでしょう。

副業が禁止されている

ですが、副業を禁止している会社も多いので、会社にバレずに副業をするにはどうすればいいのでしょうか?

その方法は簡単です!会社にバレないように副業をする裏技確定申告をすることです!

最後に

私も会社を辞めてからはしばらく休養していましたが、その後自営業の道を選びました。

日々になんのストレスも感じず、やりがいのある仕事も見つけ充実した生活を送っています。

人間のストレスの許容量には限界があります。これは人間である以上、どんな人でも変わりません。

限界を感じる前に、今の仕事人間関係に疑問を持ったら行動を起こしてみてください。

すぐには成果を感じられないかもしれませんが、将来きっとあなたの人生が変わると思います。

ストレスのない人生を送っていただけることを願っています。

スポンサーリンク

注目記事

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

タグ一覧

人気の投稿

最新の投稿