日々のトレンド情報を届けるフクロウ便

解離性障害の一つ遁走って?原因はストレス?症状や原因など

20150517

仕事や人間関係などで、ストレスフルな生活を送っている現代人には様々な病気が潜んでいる可能性があります。そんな病状の一つに”解離性障害”があります。その中の一つに”解離性遁走”と呼ばれる症状があるのをご存知ですか?あまり知られていないこの病状ですが、実はあなたの周りでも起こりうる、この病気の原因や症状を調べてみました。

スポンサーリンク

ある日突然いなくなる?

今回調べた「解離性遁走」とは、「解離性障害」の一つで、ストレスなどが原因である日突然、家庭や職場などから失踪してしまう症状のことです。

別名「心因性遁走」とも言い、多くは極度のストレスなどから自分が誰なのかが分からなくなり、過去の出来事が思い出せなくなり、周囲の人には全くの別人として振る舞うことを言います。

失踪先などでは、普段と同じ生活をしており、数時間から数日で自然に治まるもののようです。

主な治療法には睡眠療法や薬物療法があります。

解離性障害とは?

では、「解離性障害」とは一体どんな病気なのでしょうか?

そもそも人間の記憶とは1ヶ所に整頓されているものですが、「解離性障害」に陥ると、その整頓する能力が一時的に失われ、記憶を思い出すことはもちろん、一部が抜け落ちてしまったり、感情が希薄になる、普段行わない行動なども現れることがあります。

原因は精神的ストレスによるものから、幼少時の虐待などのトラウマなどが考えられています。

「解離性遁走」の他にも、記憶の「解離」による物忘れが起きる「解離性健忘症」や別名は「多重人格」と言われる「解離性同一性障害」、突然自分を第三者の目線から見ているような感覚になる「離人症性障害」など様々なものがあります。

ストレスの蔓延する現代社会では、あなたの周りやあなた自身にもこの病状は潜んでいる可能性もあります。

効果的な治療は?

この病状になった場合は、自然回復することもありますが、長期的な治療が必要な場合もあります。

個人差もあるので一概には言えませんが、適切な治療法は、安心して治療ができる環境を整えることから始めましょう。

心のデリケートな部分の病状なので、治療を受ける主治医との信頼関係や、周囲の理解とサポートが不可欠になります。

焦らず長い目で見て治療に取り組むことが大切です。

あなたの周りの方にもしいらっしゃったら、共に病気を克服するようにサポートしてあげてください。

スポンサーリンク

以下の記事がおすすめです

スポンサーリンク

タグ一覧

おすすめ記事

記事はありませんでした

関連記事

前後の記事

人気の投稿

最新の投稿