日々のトレンド情報を届けるフクロウ便

藤原さくらに影響を与えた父親とは?月9ドラマで演技初挑戦!

2016年の4月からスタートする月9ドラマ「ラヴソング」で演技の初挑戦することになった藤原さくらさん。シンガーソングライターとして活動する彼女に影響を与えた父親とは?またその演技力とは?

スポンサーリンク

若き実力派

藤原さくら(ふじわら さくら)さんは1995年12月30日生まれのシンガーソングライター

10歳の時に父親からクラシックギターをもらったことをきっかけに、ギターを始め、この時から音楽生活がスタートします。

その後、中学生になると、父親と父親の友人の息子と3人でバンドを結成。この父の友人の息子に多大な影響を受けます。

その人はドラムの他にもタップダンスなどもやっており、そのライブを見に行ったことで「自分も何かやりたい」と強く思うようになったんだそうです。

そして「シンガーソングライター」と言う言葉を聞き、その意味を知ってからは「シンガーソングライターになる」と決意し、ボーカルスクールへ通うようになります。

入学当初は大好きなYUIの曲をコピーしていた彼女ですが、キーが高すぎて上手く歌えず、キーの低い阿部真央を歌ってみるとその歌声を聞いたスクールの人が「声がブルージー」と褒め、自分の声に合いそうな色々な洋楽アーティストを教えてもらうようになったんだそうです。

それをきっかけに海外の女性シンガーソングライターが好きになり、洋楽をメインで聴くようになった。そのためメロディが洋楽的になり

そして、ボーカルスクールのオーディションの最終選考で初の作曲を行います。苦心の末、3曲ほど完成させ、見事大手プロダクションとの育成契約を射止めます!

そしてこの度、その歌唱力と魅力的な彼女の性格が月9主演と言う大きな舞台に繋がったのだと思います。

音楽は父親の影響が強い

様々な場面で登場する父親の存在が、彼女に多くの影響を与えたことが伺えます。

果たして彼女の父親は何者なのでしょうか?名のあるミュージシャンなのか?気になるので調べてみました。

お名前は藤原宏二さんと言うそうで、やはりプロのミュージシャンだったようです。

イギリスで「The Beatles」が結成された記念すべき1962年に生まれます。

当時日本ではバンドブームで、流行っていた井上陽水吉田拓郎などに影響を受け、フォークギターを手に弾き始めます。

しかし、中学3年生の時にギターが得意な友人に誘われ、「The Beatles」の映画を見てもポール・マッカートニーのベースに衝撃を受ける。

これをきっかけに「オレ、ベースする!」とギターからベースへとシフトしていきます。

その後も、バンド活動を続け、プロになることに疑いがなかった藤原宏二さんは東京へ状況します。

実力をつけ、音楽業界でも名前は売れていきましたが、バンドブームの衰退と共にプロデビューの夢は潰えます。

さらに、実家の父親の体調不良のために、夢半ばにして実家の福岡へ戻ることに。

その後は、サラリーマンをしながら、高校時代の同級生である奥さんと結婚。音楽活動を続けていましたが、奥さんの仕事を拡大させたスイーツのお店「spoonful & osaji」を夫婦で経営することに。

これが軌道に乗るまで音楽活動は封印していたそうです。ですが、その後は仕事も順調に軌道に乗り、音楽活動を続け、そして娘のさくらさんが生まれてからと言うもの、様々な影響を与えて、遂にその娘さんがプロデビューを果たしました。

父親として実に誇らしくも微笑ましいのではないでしょうか?

そんなお父さんだからこそ娘であるさくらさんも独自の感性で様々な人を魅了しているのでしょうね!

気になる演技力は?

そんな父親に影響を受け、演奏力歌唱力は年齢にそぐわぬモノですが、演技力は一体どうなのでしょうか?

というのも、彼女は今回が初の女優業。これまでに演技をした経験もありません。

事務所の先輩である福山雅治さんが主演を務めるドラマだけに、悪い噂が広まっていますが、彼女としてはあくまでも、自身の歌の宣伝活動も兼任しているので、下手な演技はできないはずです。

また、生来の真っ直ぐな性格を生かして、キチンと演技を覚えれば、そのブルージーな歌声と演技力も相まって、素敵な女優さんが生まれるかもしれません。

このドラマをきっかけにして、彼女には1つ階段を登ってもらいたいと一ファンとして期待しています!

このドラマの詳しい内容は以下の記事でご覧いただけますよ!

2016年4月からの春ドラマは高視聴率が期待できる作品ばかり!

スポンサーリンク

以下の記事がおすすめです

スポンサーリンク

タグ一覧

おすすめ記事

関連記事

前後の記事

人気の投稿

最新の投稿